ストレッチ 副交感神経

 

運動前後のストレッチの違い

運動前後のストレッチの違い

 

<健康>のため、<身体>を鍛えるため、などといった目的で身体を動かすと思いますが、
どんな人も学校の体育や部活などを通して様々な運動を経験しますね。

 

その中で運動前、運動後にストレッチや体操を経験したことがあると思いますが、
基本的には運動の前後に同じようなストレッチをする人が多いでしょう。

 

今回は「運動前」と「運動後」のストレッチの目的の違いについて説明したいと思います。

 

 

運動前のストレッチ

運動前にストレッチをする理由の多くは「怪我の予防」や「体が動きやすくなる為の準備」としてストレッチをすると思いますが、

 

運動前の過度なストレッチは逆に運動能力を低下させることになり、
また怪我の原因にもなってしまいます。

 

運動前に筋肉を緩めすぎると体に力が入りにくくなり、その結果、<捻挫>しやすくなったり、<慢性の肩こり>になったりと、かえって逆効果です。
運動前には筋肉を伸ばすストレッチを入念にするのではなく、
軽い程度に、体を温める程度のストレッチを取り入れて、運動パフォーマンスを上げると共に怪我の予防をしていきましょう。

 

 

 

運動後のストレッチ

 

「運動後」のストレッチには、<疲労回復>、<筋肉のケア>、<心臓を落ち着かせる>などの
体の回復に高い効果があります。

 

ただし、注意点として運動終了後10分以上の間を開けると、その後にストレッチを行っても疲労回復の効果が薄れてしまいます。

 

「運動後」はなるべく早く<ストレッチ>や整理運動するようにしましょう。

 

 

運動前と運動後のストレッチの違いや効果を理解している方は少ないと思いますので、

是非、参考にしていただいて「効果的なストレッチ」をしましょう!

 

 

 

関連ページ

簡単なストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチの効果的な時間帯
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
実は間違っているストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチで「体の歪み」を改善
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。