ストレッチ 副交感神経

実は間違っているストレッチ

 

実は間違っているストレッチ

*痛いのは我慢してはいけません!

 

体の硬さが悩み柔らかくするため無理に体を伸ばしたり、曲げようとする人がいますが、
危険なストレッチになるので、やめましょう!

 

 

ストレッチ」をこえて、<痛み>を感じるのは「筋肉の張りの限界」になります。
むしろ、「過度のストレッチ」は筋肉を損傷してしまうので適切な方法ストレッチをしましょう。

 

普通に人と会話が出来る程度の「多少の痛み」であれば問題ありません。
痛みが「これ以上は筋肉が切れてしまうので限界です!」と、悲鳴を上げているサインになりますので、
柔らかくしたい一心で無理なストレッチをせず、
痛みが出ない程度で、体がリラックスする程度のストレッチを心がけましょう!

 

 

 

*時間がないといって、休みの日にだけまとめて運動してませんか?

 

 

これまでの記事で「ストレッチ」をすることで筋肉を柔軟にすることについてはおわかりかと思います。
ところが、筋肉というのは困ったことに、運動を続けていないとまたすぐに固まってしまうという特性があります。

 

なので、「せっかく柔らかくなった筋肉が、固まってしまう前に筋肉をほぐす」、
つまり、「時間をあけて、入念にストレッチや運動をするよりも、期間を空けずに、適度なストレッチを継続することが大事になるのです。」

 

継続して、毎日、お風呂上がりにストレッチを続ければ、硬くて曲がらない筋肉もだんだんと柔らかくなることでしょう。

 

 

 

3歩進んで、2歩下がる」ではなく、毎日1歩1歩、継続することで効果的なストレッチになる>ということです。

 

関連ページ

簡単なストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチの効果的な時間帯
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
運動前後のストレッチの違い
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチで「体の歪み」を改善
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。