ストレッチ 副交感神経

ストレッチの効果的な時間帯

 

ストレッチの効果的な時間帯

生活の中での、決まった時間休日で余裕のできた時間など、それぞれ自分の生活リズムに合わせて夕方、中には<運動>するかたもいますよね。
それぞれの人が時間に余裕の出来たタイミング運動していると思いますが、朝に運動したほうが体にいいのか、または、夜のほうがいいのかわからないかと思います。

 

 

 

朝起きてからストレッチするのと、寝る前はどちらが良いのでしょうか?

 

 

一番いいのは夜の入浴後から就寝までの間です!

 

 

 

入浴によって体が温まります。その状態は、筋肉一番リラックスしている状態ですし、就寝前気持ち的にも落ち着いています
交感神経活発な活動中と違ってリラックスしているときには副交感神経が活動します。

 

リラックスタイムにストレッチをすることで、より「副交感神経」が刺激され、心地よい睡眠にもつんがるのです。

 

一日の活動で疲れた身体のメンテナンスとして入浴後の就寝前のストレッチがもっとも良いストレッチの時間といえるでしょう。

 

 

 

 

また、眠っている間軽い寝返りをしたりすることがあると思いますが、基本的には同じ体勢でじっとしていますよね
寝起きなどに感じたこともあると思いますが、筋肉関節は、動かずにじっとしていると固まって、硬くなってしまうという特徴があります。

 

それなので、体を起こすことに関しては、寝ている間に固まった体をほぐすためにも朝に運動する」ことが効果的です。

 

朝起きたときに筋肉痛腰痛などの痛み強く感じる経験をされた方も少なくないと思いますが、これは、睡眠時硬くなった筋肉起きてから動くようになりだんだんほぐれて、痛みが軽くなっているのです。

 

立ち仕事や動き回ることの多い仕事をされているかたには
体を動かすための準備運動や仕事の始まりにほぐれた軽い体で臨むためにも「朝」に運動運動することも効果的です

 

 

関連ページ

簡単なストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
実は間違っているストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
運動前後のストレッチの違い
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチで「体の歪み」を改善
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。