ストレッチ 副交感神経

 

ストレッチで「体の歪み」を改善

ストレッチで「体の歪み」を改善

「体の歪み」は主に、<肩こり>、<腰痛>、<頭痛>等、
体の不調が原因であり、数多くの原因が存在します。

 

年齢を重ねると「体の歪み」で様々な症状が発症するようになり多くの方の悩みになっていると思います。
そして、この「体の歪み」を改善する方法の一つに<ストレッチ>があります。

 

体の歪みには数多く存在すると説明しましたが、ストレッチの種類にも身体の部位によって数多く存在しますので、
ここでは、「肩こり」、「腰痛」、「頭痛」等みなさんがよく経験をするような身近な
「体の歪み」に対して効果のあるストレッチを紹介します。

 

 

ストレッチ「肩こり」

 

 

「肩こり」は、デスクワーク作業や軽作業など、長時間、同じ姿勢でいる時に起こりやすいものですが、
肩こりがひどくなると頭痛や吐き気さえも引き起こすようなこともあるほどの症状です。

 

 

この肩こりに対して効果的なストレッチに、タオルを肩の下に入れて行うストレッチがあります。

 

1.折りたたんだタオル1枚を寝転んだ状態で肩の下に入れて行います。
2.タオルを敷いた側の反対の腕でタオルを敷いた肩を押さえます。
*この時、タオルを敷いた側の腕の肘を直角に曲げて手を上げた状態にします。
3.最後に、深呼吸しながら10秒間姿勢をキープします。

 

ストレッチ「腰痛」

 

「腰痛」は、腰に痛みを与える症状の体の歪みです。

 

この腰痛に対して効果的なストレッチは、「腹斜筋」と呼ばれる部分のストレッチです。

 

1.うつ伏せ寝の体勢になり、両手を胸の横まで開き、左足を右足の上にクロスさせます。
2.そのまま左足を右ヒザの外側へむけて、上げ伸ばしてわき腹の筋肉を伸ばします。
*この時に両肩が床から離れないようにすることがポイントです
3.20〜40秒を目安に反対側も同様にストレッチします。

 

 

ストレッチ「頭痛」

 

「頭痛」は、頭に痛みを起こす症状で、「頭痛」により世界中で約40%以上の人が「日常生活に軽い支障を感じる経験する」ような一般的な症状です。

この頭痛も「体の歪み」が原因1つでもあり、「頭痛」に対しても効果的なストレッチがあります。

 

1.顎から喉にかけての筋肉 (広頸筋)を伸ばすストレッチです。
2.正しい姿勢を保ち、口をきちんと閉じて、顎をゆっくり上に上げていきます。
3.顎から喉の筋肉を伸ばすことを意識しながら、ゆっくり行ってください。

 

 

 

 

 

どれも簡単で気軽にできるストレッチになりますので、

空いた時間に実践して、「体の歪み」を改善してみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

簡単なストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチの効果的な時間帯
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
実は間違っているストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
運動前後のストレッチの違い
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。