ストレッチ 副交感神経

簡単なストレッチ

 

簡単なストレッチ

 

筋肉の端と端を引き伸ばす方法の一般的なストレッチ

 

みなさんも、お風呂上がりや座っている時にふと前屈をして足の太ももふくらはぎお尻筋肉を伸ばすことがあると思います。
もっとも一般的で普通のストレッチといえばこの運動になりますね!

 

 

<ストレッチ>とは、にある筋肉柔らかくするなど、身体を良好な状態にすることを目的に筋肉引っ張って伸ばすことですが、
ストレッチをすることにより、怪我をしにくくなったり、障害の予防にもなるのです。。

 

 

効果的なのは「呼吸は止めずに深呼吸のように息をゆっくりと吐きながら、筋肉を引き伸ばした状態で20〜30秒程度止める」という方法になります。
深呼吸をすることにより、体もほぐれやすく全身に酸素が行き渡るのでリラックス効果も高まります

 

また、反動をつけて体を伸ばしたり曲げたりする人をよく見かけますがこれは「間違った」やり方になります。
筋肉瞬間的ストレッチがかかると筋肉が切れないように守ろうとする反応がでるので、余計に筋肉を固めることになります。

 

これだと、筋肉をほぐすどころか最悪の場合は逆に「筋断裂」を起こすことにもなりますので、ストレッチの際は注意して、
無理ない程度にゆっくりほぐしましょう

 

 

 

関連ページ

ストレッチの効果的な時間帯
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
実は間違っているストレッチ
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
運動前後のストレッチの違い
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。
ストレッチで「体の歪み」を改善
運動の前の準備運動や就寝前のストレッチで「副交感神経」を高めて、効果的なダイエットや健康法に役立つ知識をまとめてみました。