ストレッチ 副交感神経

 

副交感神経の活性化*様々な方法

副交感神経の活性化*様々な方法

 

これまで、「副交感神経はストレッチをすることで活性化する」ということを紹介してきましたが、ストレッチ以外にも方法はあります。

 

「交換神経」と「副交感神経」はどちらかが「ON」の状態にあると、もう片方の神経は「OFF」になるようで、双方のの関係がシーソー状態にあるということです。

 

体が活動的な状態で働く「交感神経」を抑制するには、逆のアプローチをすれば、「交感神経」を抑えて、
副交感神経」の活性化に繋がるというわけです。

 

 

 

どんな方法で「副交感神経」を活性化させるかについて紹介していきたいと思います!

 

 

音楽を聞く

周囲のノイズも遮断することで、精神的に落ち着いた状態で
クラシック音楽や、自分の好きな音楽を聞くことでストレス軽減になり、
リラックスすることで「副交感神経」を活性化できます。

 

爪を揉む

手の「爪の付け根」を指で表と裏から挟むように多少痛いくらいで揉みます。
指先は全身の血管の末端なので、揉むことにより、血流が良くなり「副交感神経」を活性化することができます
* ただし、「薬指」は内臓に良くないツボがあるので、押さないように!

 

笑う

「笑う門には福きたり」とも言われるように、笑顔を作ること、または面白いテレビや動画などをみて笑うことで、
即効性のある「リラックス」を得て「副交感神経」の活性化が出来ます。

 

深呼吸

まずはゆっくりと息を吐き、目一杯に息を吐いてから、2秒ほど堪えて「鼻」から一気に吸い込みます。
これを気分が落ち着くまで繰り返すと、心拍数・血圧と気分が落ち着くとともに共に、「副交感神経」の活性化に繋がります。

 

 

 

以上のことを、仕事でイライラした時や、活動していて一息落ち着きたい時にその場で実践することで、

「副交感神経」が活性化されて、リラックスすることができますので、是非、実践してみましょう!

 

関連ページ

自律神経失調症って何?
副交感神経を活性化させて、健康な体づくりやダイエットを効果的にするための方法についてまとめてみました。
副交感神経を高めて競技パフォーマンス向上
副交感神経を活性化させて、健康な体づくりやダイエットを効果的にするための方法についてまとめてみました。