ストレッチ 副交感神経

 

自律神経失調症って何?

実は間違っているストレッチ

 

 

自律神経失調症になると、思い当たる事はなくとも体に様々な症状や異変が現れるようになります

 

身体的な症状

疲れが取れない慢性疲労 だるさ めまい 偏頭痛 動悸 ほてり 不眠 手足のしびれ 頻尿

 

 

 

精神的な症状

イライラ 不快感 疎外感 気が落ち込む やる気が出ない 憂鬱になる 感情の波が激しい

 

 

このように、多くの症状が現れることがあります。

 

 

 

わたしって、自律神経失調症かも...?

 

 

当てはまる項目がいくつあるでしょうか?

 

1.めまいや耳鳴りを感じることが多い

 

2.立つときなどに立ちくらみを起こす

 

3.朝は疲れを感じてなかなか起きれない

 

4.どれだけ睡眠をとっても眠く感じる

 

5.怖い夢や金縛りにあう

 

6.体調に関わらず咳がよく出る

7.食べ物が飲み込みづらい、呂律が悪くなった

 

8.いつも胃の調子が悪く、胃痛や胸焼け、食欲が出ない

9.下痢や便秘を繰り返す


10.いつも肩こり、腰痛でつらい、治らない

 

11.顔や手足だけに汗をかく

 

12.胸の締め付けまたはざわざわを感じる

 

13.心拍が急に早くなったり、飛ぶことがある

 

14.息苦しくなるときがある

 

15.気候の変化に弱い

 

16.太陽など光がやけにまぶしい

 

17.手足が季節関係なく冷たい

 

 

 

 

どれだけ当てはまる項目があったでしょうか?

 

4個以下・・・自律神経への負担はまだ少ないです
5個以上・・・注意が必要です
6個以上・・・早いうちに専門家に1度相談してみたほうが良さそうです。
10個以上・・・すぐに休養をとりましょう。専門医への診断が必要かもしれません!

 

「自律神経失調症」は「交感神経が高まっている時間があまりに多く、体に負担が掛かってしまうこと」で起きてしまいます。
時には休養をとって体を休め、「副交感神経」を活性化することで疾患の予防になりますので、
思い当たることがある方は運動やストレッチをして「副交感神経」を高め改善していくことが、「健康な日常」への第一歩です!

 


 

関連ページ

副交感神経の活性化*様々な方法
副交感神経を活性化させて、健康な体づくりやダイエットを効果的にするための方法についてまとめてみました。
副交感神経を高めて競技パフォーマンス向上
副交感神経を活性化させて、健康な体づくりやダイエットを効果的にするための方法についてまとめてみました。