ストレッチ 副交感神経

 

-* 目次 *-

ストレッチと副交感神経の繋がりとは?

 

効果的なストレッチ
1.簡単なストレッチ
2.ストレッチの効果的な時間帯
3.実は間違っているストレッチ
4.運動前後のストレッチの違い
5.ストレッチで「体の歪み」を改善

 

副交感神経を活性化
6.副交感神経の活性化*様々な方法
7.自律神経失調症って何?
8.副交感神経を高めて競技パフォーマンス向上

 

 

 

 

 

いまは健康でもだんだんと年を重ねて「体の衰え」を感じることが不安...。


 

 

昔はすぐ痩せることができたのに、
いまでは少し食べるだけでお腹や二の腕のお肉がよく付くようになってしまった...。


 

 

*そのような悩みを抱えている方の声は、少なくないと思います*

 

 

仕事家事などで多忙な毎日を送っている人々にとっては時間を設けてジョギングをしたり、ジムに通う時間など無く
なかなか「運動」を継続して取り組むことが出来ません。

 

健康ダイエットに気を遣いたくてもそんな暇がない方が多数なのが現実なのです

 

 

 

時間を取らずに、[健康]や[ダイエット]に効果的なのが副交感神経を高める"ストレッチ"です

 

 

ストレッチ>は筋肉の曲げ伸ばしによる運動で、端から端までの筋肉を伸ばすことができ、
身体柔軟性を取り戻すだけでなく、"怪我"をしにくくなる身体作にもなります

 

 

そして、<副交感神経が働いている>ということは簡単に言うと、
体がリラックスしている状態」「疲れたからだの修復をしているとき」です。

 

ちなみに、体が活動しているときや、ストレス緊張を感じているときには「交感神経」が働いています。
血管が縮み、心拍数の増加と筋肉の緊張が起こり、「状況の変化に素早く対応できるように、体が準備をしている状態」というわけです。

 

 

 

 

 

副交感神経を活性化させると体にどんな「良い事」があるの?

 

 

 

A.
副交感神経活性化すると筋肉が緩んで血管が広がって、拍はゆっくりになり、内蔵も活発に働くように」なり、
血液><神経><リンパの流れも良くなります。

 

 

血液の流れがよくなると...

*栄養、酸素、体温が全身に広がっていつでも健康で元気な状態で過ごせる

 

神経が流れやすいと...

*体の異常がすぐ伝わる、脳が出す「修復」の信号が素早く伝わり
          病気が悪化するまえに気付く体になり、怪我の治りも早くなる

 

 

リンパが流れやすくなると...

*老廃物や疲労物質を排出しやすくなると
          体の中がきれいになり、ダイエットや体質改善に効果が出やすい

 

 

 

 

<副交感神経を高めること>は体にとって良い事だらけなのです!

 

でも、副交感神経っていっても聞きなれない言葉で,
どうすれば活性化できるのか、イメージも沸かない方がほとんどだと思います。

 

 

そこで、ストレッチ1番お手軽で、相性の良い方法なのです!

 

 

効果的に副交感神経を高めるストレッチ」について、まとめたものをブログに綴っていきますので
健康>や<ダイエット>が気になっている方は是非とも参考にしてくださいね!